MONOたろ日記






第4章,5章~ FAMILY's Blog

人からもよく言われるが、自分でもオプチミスト(楽天家)だと思っている。でも歳を重ねるたびにこれまでどうでもよかったことが、とても気になって仕方がない。これも「感情老化」の始まりなのだろう。
人に対して「あーだ、こーだ!」と言うつもりはまったくない。それが出始めると「老害」と呼ばれ、回りから受け入れられなくなるだろう。

気になって仕方がないのは、仕事のこと。特に月曜日の朝は、「仕事のことが心配で、心配で…。」いざ出勤して仕事をし出すと、気持ちが落ち着く。緊急事態宣言下でも相変わらずリモートワークは出来ないが、それでも休みの日は土日に関係なく受信するメールのチェックをして、早急な対応が必要なものに関しては、ジョギングしている最中でもその対応をしている。
以前のように軽く流すことができれば、精神的にも楽になるのだろうけど、これもやはり歳をとったせいなのかもしれない。

そんななかウィークデーの朝、出勤前の食後のコーヒーが楽しみだ。娘が家を出てから、たくさんあったマグカップを整理した。そして専用の食器棚に残した思い出深いマグカップを眺めながれるようにディスプレイした。

「今朝はどのマグカップで飲もうか」

娘が残していったリラックマのマグ
P1303767のコピー

Kママが結婚する以前から使っていたドーナッツ店のマグ
IMG_3845のコピー

そんなたわいのないことが楽しみのひとつになっている。
今週も頑張るかぁ。 

月に1度は更新しようと思いながら、2ヶ月以上も放置してしまった。2021年は近況報告ということで月1を目標にしようと思っている。ということで、まずは2020年のふりかえりでも。

10月末、ラン仲間と塔ノ岳へ。

山頂からは、スカイツリー、三浦半島、西には富士山、甲斐駒ヶ岳まで絶景を楽しむことができた。

20201101180951111

11月 

久しぶりに夫婦で銀ブラ。知り合いの個展へ
20201105070101


2月の青梅マラソン以来の大会「激坂最速王決定戦2020」に出場。今年の箱根駅伝で優勝を逃した「創価大学」「青学大」の駅伝メンバーらと一緒に走った。優勝したのは往路初優勝を飾った創価大学の三上雄太だった。若いランナーが多かったこともあり、自分は年代別で22位と頑張った。有料道路を貸し切って行われるこのレース、往路はずっと登りばかりで13.5kmをひたすら駆け上がるコース。標高差は981m、平均勾配7%。ピストンの部に参加したため、頂上で折り返して今度はひたすら下る。

DSC09531

芸能人女子最速ランナーの福島さんとスライドでエール交換💕
スクリーンショット 2020-12-01 6.32.13-side

12月

61歳の誕生日。娘夫婦とショッピングを楽しみ、暮れには娘夫婦のお宅にお邪魔したり…。
IMG_3388-sideのコピー


9月以降、例年以上に休日出勤が多かったがなんとか乗り切った。これもすべてコロナの影響。毎日感染拡大防止に気を遣いながらの仕事でホント疲れ果てしまった今年。感染防止のための環境はもちろん整えるが、基本的に各自が感染しないように注意してくれないとねぇ~。

リモートワークが叫ばれている中、在宅勤務は2日のみ。緊急事態宣言が発令中も電車に揺られて通勤したが、なんとか無事に2020年とおさらば。

IMG_4449


2021年はどんな年になるのだろう

都市型マラソンは引き続き開催されないだろう。4月には100kmのウルトラマラソンにチャレンジする。昨年はやはりコロナで中止になった大会。今年は是非開催して欲しい。年齢的にも今年が限界だと思っている。フルマラソンを走る走力を維持するのも大変な年齢になってきているので。
そして、来年3月には定年退職、サラリーマン生活にピリオドを打つことになる。その先も一応3年間働くことになると思うが、給料はカットされると思うので健康第一に無理せずに働くつもりだ。そして、断捨離(メルカリも活用)をしながら、大切なものだけで過ごすミニマルな暮らしを目標にしたいと思う。

今年はAppleYearだったなぁ。まぁコロナの影響もあるけど、iPadPro、Magic Keyboard、ApplePen、MacBookAir、iPhone SE、そして今回初代AppleWatch購入から5年目でようやくAppleWatchSEに買換え。以前のようにワクワク感はなくなったが、やっぱりApple製品にはトキメキを感じる。iPhoneSEは相方も一緒に機種変。ホームボタンがあってコスパが高いSEにした。iOS14になって一番重宝しているのが、本体の背面をダブルタップ、トリプルタップすることで、ホーム画面に戻れたり、スクショを撮れたりと使い勝手がよくなったこと。「設定」→「タッチ」→「アクセシビリティ」→「背面タップ」で設定可能。 

PA223605のコピー 2

なんせ初代AppleWatchはアプリの起動が遅くってほぼ使えない状態だった。時計としてはもちろん機能していたけど。1/2ひと昔前のデバイスだから仕方がない。SEを起動させると、もうキビキビ動くから快適なんてもんじゃない。さらにPASMOの定期も使えるので、改札口でAppleWatchで通過できるのがうれしい。
PA233610のコピー 2

Mr.ローガンがひどくなった相方も初代SEからの機種変だったために画面が大きくなって文字がよく見えるらしい(笑)こんなケースをプレゼントしたよ。いくつになっても可愛いものを身につけていたいようだ。
IMG_3179のコピー 2


ちなみに今回購入したiPhoneSEの価格はこちら。
iPhone SE(第2世代)128GB<Black> 66,880円
期間限定特別割引き △20,000円
消費税 4,688円
合計金額 51,568円
下取額 △24,300円 
ポイント適用額 △184円
支払総額 27,084円 
どうです?お買い得だったでしょ。

容量を256GBにしなかった理由はこちら。
①音楽を保存しておく必要がなくなったこと。ひと昔前はCDをiTunesにインストールしてiPodへ転送していたが、サブスク時代に突入してハードディスクの容量を減らさずにいつでもどこでも音楽を聴ける。Spotifyでお気に入りのアルバムをダウンロードしてオフラインで聴くこともできる。iPhoneの容量の半分以上を音楽データで占めたいた時代はもう遠い昔のこと。
②音楽の次にディスクを切迫しているのが画像データ。中には動画データでかなりの容量を占めている人も多いだろう。画像データはPCで保存しているので、定期的に古いデータから削除すれば、容量を無駄に使う必要はない。さらに何もしなくても容量無制限のGoogleフォトに自動的の保存されているし、バックアップ機能としても重宝している。
③スマホでゲームはほとんどしない。
④GarageBandなどのDTMデータもPCに転送しているため、スマホに保存していない。
⑤動画はほとんど撮らない。

5Gはエリアがまだまだ限られているし、早くて2年後、いや3年後だろうなぁ。

↑このページのトップヘ